So-net無料ブログ作成
「源整院ブログ」もう一つあります

北海道神宮で厄払い


私も数えで42歳、本厄です。

北海道神宮へ厄払いに行ってきました。

今回は私の初祈祷体験記です。

2019年に本厄なのは

男性
1995年【平成7年生まれ】25歳 いのしし
1978年【昭和53年生まれ】42歳 うま (大厄)
1959年【昭和34年生まれ】61歳 いのしし
※年齢は数え年




女性
2001年【平成13年生まれ】19歳 へび
1987年【昭和62年生まれ】33歳 うさぎ (大厄)
1983年【昭和58年生まれ】37歳 いのしし
1959年【昭和34年生まれ】61歳 いのしし
※年齢は数え年


この前後の年齢で前厄・後厄があります。

厄年って男性で3回、女性で4回もあるんですね。
複数回あるのは脳裏にあったのですが
改めて調べてみてビックリです。

これも患者さんに教えて頂いたのですが
「厄払いは年の初めから節分まで」が
良いとされているとの事。

実際に行ってみて、祈祷の9割が厄払いの方でした。


IMG_7805.JPG

IMG_7807.JPG
↑車は駐車している訳ではありません。交通安全祈願で祈祷終了時に個別でお祓いしていました。

私が北海道神宮へ行ったときは大粒の雪が舞っていました。

観光客も少なく落ち着いた感じで、
私にとっては良いタイミングでした。

IMG_7808.JPG

祈祷受付に行くと声を掛けてもらえるので迷う事はありません。

祈祷内容を聞かれて『厄年なんですが』と答えると
あとは何もかもスムーズに事が進みます。

厄払い専用の用紙に「住所」「氏名(ふりがな)」「初穂料の金額」を記入します。

再び受付で用紙とお金をお渡ししたら、大きな待合室へ誘導されます。

100人くらいは余裕で収容できる待合室で綺麗なトイレと授乳室もあります。
30分間隔で祈祷が行われていたので、あっという間に案内されました。

人生で初めて、神社の本殿へ入ります。緊張感が高まります。


注意ポイントがあります。

私だけ?かもしれませんが、
シャカシャカ.jpg
シャカシャカしている大麻(おおぬさ)と呼ぶそうです。

大麻でお祓いをしていただきます。
その際に「頭を下げてお待ちください。」
言っていただけるのですが、
このタイミングが分からなくて
私だけズレてしまいました。

宮司さんが「お祓いをします」と言ってから
私たちに近づいてくれるのかと思っていたのです。
がしかし、その場でシャカ!シャカ!の一度のみでした。

一番前に意気込んで座った私だけポカーン。。

皆さんはお間違いのないように(;^ω^)


その後、祈祷がはじまり

ひとりひとり名前と住所まで(札幌市西区二十四軒4条5丁目←例:源整院住所)
読み上げてくださるのですが、
厄年の人は年齢まで公開されます。
気にされる方は、気にするかもしれません。
特に住所は、そこまで言うんだ!?と驚きました。

そこで珍事が!!

私の時は30人ほどの読み上げがあり
宮司さんも慣れた様子で次々と進みます。

100人の時はどんなことになるんだろう?
なんて思いながら私の番を待っていたら
次の瞬間、時が止まりました。

札幌市豊平区・・・、・・・、???

字が乱れていて読めなかったのでしょう。

札幌市豊平区ウニョウニョ3条7丁目と誤魔化していました。

これは気をつけないといけませんよね。
ご利益が迷子になってしまいます。

これ以外は順調に進み、問題なく私も読み上げられました。
やっぱり、この瞬間は背筋がピンとなります。


その後、もうひとつ注意点

これも私だけなのでしょうが

巫女さんが鈴を鳴らしながら「舞」があります。
これがまた神事に参加している事を実感させてくれます。

これも大麻の時と同様に舞の後、
鈴でのお祓いがあります。

ここでも私はやっちゃいました。

「頭を下げてお待ちください」

舞台から降りてくる、と
思っているのは私だけ!?
またしてもポッカァ~ン!!

巫女さんと目が合ってしまって苦笑いの私。。


玉串拝礼はしっかりと教わった通りにできました。
私の本厄・厄払いは終了となりました。

本殿へ入ってから20分もかからなかったです。
土日だと読み上げの量も増えますから長時間になると思われます。
私の様に平日に行くといいかもしれません。


最後にお札などが入った箱を頂き帰ります。

IMG_7811.JPG

中身はお見せできませんが、内容だけご紹介します。
・木に書かれた立派なお札
・簡易神棚(ちいさな鳥居が可愛いです)
・御下がり(昆布)
・お守り
・御神酒
・厄除け箸

これで初穂料は5,000円です。

正直言って、祈祷へ行って良かったです。
これは厄払いに限らず、年初めに行くべきだなと思いました。

無宗教の私ですが、日本古来の伝統と文化を維持するのは私たち
そんな思いが私の胸に生まれてきました。
観光客まかせではなく、私も参加して守っていきたい。そう思いました。
私の初厄払い体験記でした。お付き合い頂きありがとうございました。

くれぐれも、頭を下げるタイミングと住所の書き間違いにはお気を付けください。


余談ですが、一応正装を意識して行ったのですが
私以外は皆さんカジュアルウエアでした。
本人の意思が大切だと思いますが、
この時期寒いので北海道神宮では
個人祈祷は特段の決まりはないとの事です。
祈祷中もダウンジャケットを着たままでした。
暖房もありまったく寒くありません。ご安心ください。

nice!(60)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 60

コメント 0

「源整院ブログ」もう一つあります

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。