So-net無料ブログ作成
「源整院ブログ」もう一つあります

借金と重い荷物

首肩の不調で来院されるかたが増えてきています。
急な首痛・寝違い対策に御一読ください。

首痛・寝違い対策へリンク

源整院へ整体で来院される方のバラエティーは豊富です。

珍しいところだと、夏シーズンには競走馬関係者の方がいらっしゃいます。
札幌競馬場とその宿舎が近くにあるので、ググって来院されるのでしょうね。

あとは小樽運河でやっている人力車の車夫さん観光ガイドさん

寿都(すっつ)町の漁師さんや空知地方の林業の方

自衛官の皆様も多くいらっしゃいます。
特に陸上自衛隊の方は体がアスリートとは
違う体つきなので興味深いです。

その中でも「北海道ならでは」で多いのは農業・酪農の方。

実は、私むかしむかし若い頃に競走馬の牧場で働いていました。
そんな事もあり、競走馬と酪農で違う部分や共通点などあったりして
お話が盛り上がる事が多いです。

私ひとりで勝手に「思い出の引き出し」を開けて盛り上がっているのはナイショです(;^ω^)

その節は、いつもお付き合いありがとうございます。


70代の酪農牧場を経営している方の
お話が印象的だったのでご紹介します。

競走馬の主食をご存知でしょうか?

草食動物ですから「草」です。
それ以外にも合成飼料やエン麦を与えています。

意外かもしれませんが、ニンジンやリンゴなどは
ご褒美などでなければ、滅多にあげることはありません。
※私の勤めた牧場の場合です

主食で与える草ですが
牧場に自生している「草」ではありません。

ウサギをペットで飼われている方はご存知かもしれませんが
チモシーやルーサンという草をエサ用に育てたものを与えます。

ウサギ草.jpg

これをウサギの何十倍も大きい競走馬に与えるので
馬房の全頭へ配るとなると一度に5~60kgほどになってしまいます。
これを倉庫から毎回持ってくるだけで草臥(くたび)れます。

牧の草.jpg

牛では?
馬と同じかそれ以上に与えているとのこと。

しかも、その方は70代でおひとりでやっている!?

私が倉庫から持ってくるだけで草臥れている牧草を
片手に抱えて牛舎を歩き配っているというのです!?

なんでそんな大変な事をするんですか!?

牛舎が狭いから台車に載せてなんて
やってられない。
だから片手に抱えてやっている。

理由を聞くとシンプル。。

そう、いつだって真理はシンプルなものです。


確かに30歳も若い私なんかよりも
ガタイの良い体[手(グー)]をしています。
それにしたって大変じゃないですか。
何かコツがあるのか聞いてみると
これまたシンプルで心に響くお言葉が、

「もたもたしないで、やる事をドンドンやっちまえばいいんだよ」
「借金だって草だって、早く減らせば、なんてことないんだ」

体だけでなく、雄健な精神もお持ちな方でした。


草のブロックを見ただけで、草臥れた気持ちになっていた私。
教訓にさせて頂きます。

でも、肩が不調で来院されているので
片手に抱えるのは少し控えて頂きたいです。


nice!(59)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

北海道神宮で厄払い


私も数えで42歳、本厄です。

北海道神宮へ厄払いに行ってきました。

今回は私の初祈祷体験記です。

2019年に本厄なのは

男性
1995年【平成7年生まれ】25歳 いのしし
1978年【昭和53年生まれ】42歳 うま (大厄)
1959年【昭和34年生まれ】61歳 いのしし
※年齢は数え年




女性
2001年【平成13年生まれ】19歳 へび
1987年【昭和62年生まれ】33歳 うさぎ (大厄)
1983年【昭和58年生まれ】37歳 いのしし
1959年【昭和34年生まれ】61歳 いのしし
※年齢は数え年


この前後の年齢で前厄・後厄があります。

厄年って男性で3回、女性で4回もあるんですね。
複数回あるのは脳裏にあったのですが
改めて調べてみてビックリです。

これも患者さんに教えて頂いたのですが
「厄払いは年の初めから節分まで」が
良いとされているとの事。

実際に行ってみて、祈祷の9割が厄払いの方でした。


IMG_7805.JPG

IMG_7807.JPG
↑車は駐車している訳ではありません。交通安全祈願で祈祷終了時に個別でお祓いしていました。

私が北海道神宮へ行ったときは大粒の雪が舞っていました。

観光客も少なく落ち着いた感じで、
私にとっては良いタイミングでした。

IMG_7808.JPG

祈祷受付に行くと声を掛けてもらえるので迷う事はありません。

祈祷内容を聞かれて『厄年なんですが』と答えると
あとは何もかもスムーズに事が進みます。

厄払い専用の用紙に「住所」「氏名(ふりがな)」「初穂料の金額」を記入します。

再び受付で用紙とお金をお渡ししたら、大きな待合室へ誘導されます。

100人くらいは余裕で収容できる待合室で綺麗なトイレと授乳室もあります。
30分間隔で祈祷が行われていたので、あっという間に案内されました。

人生で初めて、神社の本殿へ入ります。緊張感が高まります。


注意ポイントがあります。

私だけ?かもしれませんが、
シャカシャカ.jpg
シャカシャカしている大麻(おおぬさ)と呼ぶそうです。

大麻でお祓いをしていただきます。
その際に「頭を下げてお待ちください。」
言っていただけるのですが、
このタイミングが分からなくて
私だけズレてしまいました。

宮司さんが「お祓いをします」と言ってから
私たちに近づいてくれるのかと思っていたのです。
がしかし、その場でシャカ!シャカ!の一度のみでした。

一番前に意気込んで座った私だけポカーン。。

皆さんはお間違いのないように(;^ω^)


その後、祈祷がはじまり

ひとりひとり名前と住所まで(札幌市西区二十四軒4条5丁目←例:源整院住所)
読み上げてくださるのですが、
厄年の人は年齢まで公開されます。
気にされる方は、気にするかもしれません。
特に住所は、そこまで言うんだ!?と驚きました。

そこで珍事が!!

私の時は30人ほどの読み上げがあり
宮司さんも慣れた様子で次々と進みます。

100人の時はどんなことになるんだろう?
なんて思いながら私の番を待っていたら
次の瞬間、時が止まりました。

札幌市豊平区・・・、・・・、???

字が乱れていて読めなかったのでしょう。

札幌市豊平区ウニョウニョ3条7丁目と誤魔化していました。

これは気をつけないといけませんよね。
ご利益が迷子になってしまいます。

これ以外は順調に進み、問題なく私も読み上げられました。
やっぱり、この瞬間は背筋がピンとなります。


その後、もうひとつ注意点

これも私だけなのでしょうが

巫女さんが鈴を鳴らしながら「舞」があります。
これがまた神事に参加している事を実感させてくれます。

これも大麻の時と同様に舞の後、
鈴でのお祓いがあります。

ここでも私はやっちゃいました。

「頭を下げてお待ちください」

舞台から降りてくる、と
思っているのは私だけ!?
またしてもポッカァ~ン!!

巫女さんと目が合ってしまって苦笑いの私。。


玉串拝礼はしっかりと教わった通りにできました。
私の本厄・厄払いは終了となりました。

本殿へ入ってから20分もかからなかったです。
土日だと読み上げの量も増えますから長時間になると思われます。
私の様に平日に行くといいかもしれません。


最後にお札などが入った箱を頂き帰ります。

IMG_7811.JPG

中身はお見せできませんが、内容だけご紹介します。
・木に書かれた立派なお札
・簡易神棚(ちいさな鳥居が可愛いです)
・御下がり(昆布)
・お守り
・御神酒
・厄除け箸

これで初穂料は5,000円です。

正直言って、祈祷へ行って良かったです。
これは厄払いに限らず、年初めに行くべきだなと思いました。

無宗教の私ですが、日本古来の伝統と文化を維持するのは私たち
そんな思いが私の胸に生まれてきました。
観光客まかせではなく、私も参加して守っていきたい。そう思いました。
私の初厄払い体験記でした。お付き合い頂きありがとうございました。

くれぐれも、頭を下げるタイミングと住所の書き間違いにはお気を付けください。


余談ですが、一応正装を意識して行ったのですが
私以外は皆さんカジュアルウエアでした。
本人の意思が大切だと思いますが、
この時期寒いので北海道神宮では
個人祈祷は特段の決まりはないとの事です。
祈祷中もダウンジャケットを着たままでした。
暖房もありまったく寒くありません。ご安心ください。

nice!(60)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

膝は中間管理職

膝の不調チェック
□最初の一歩が出ない
□滑る雪道を歩くたびにツライ
□椅子から立ち上がれない、座れない
□朝起きるとつっぱりを感じる
□階段は手すりがないとキツイ
□下っ腹が出てきた気がする
□内臓に不調を感じる


痛い膝.jpg

複数当てはまったら
の膝痛改善へのヒントをご覧ください。


1月に入ってから腰痛での
来院数が急上昇している
源整院ですが、
今回は【膝】について
お話させて頂きます。


膝は体の骨の中では最も大きく太く、
そしてとても複雑な関節です。

膝はただ曲げて伸びるだけ、
それなのに最も大きく、
とても複雑な関節とは
どういう事なのでしょうか?

実は膝の構成は非常に多くの
パーツが複雑に繋がりあっています。
体の中でもレアパーツを組み込んでいたり
一筋縄ではいかない事が多いです。

しかも、膝の問題はそれだけに留まらず
内臓と膝の相互作用もあり、不調不具合を
体のあちこちへ波及していく事が多いです。

膝の上にある股関節や下にある足首が
機能していないと負担は倍増です。
それはまるで中間管理職の悩みくらい大変です。

膝は放っておくと長期化する問題が多く
歩行困難にまでなると、不便なだけでなく
免疫・治癒力も著しく低下します。

早めにお体のケアをしていきましょう。

膝痛についての詳細はコチラ↓をご覧ください。
膝痛改善へのヒント


nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

封印シール

数えで42歳になります。

本厄という事で、北海道神宮へ厄払いへ行ってきました。

IMG_7803.JPG

もの凄い雪で観光客も少なめで、、、

なんてことを書いていたら
ネット通販から荷物が届きました。

厄払いの事を書こうと思っていたのですが
ちょっと路線変更します。

封印シール1.JPG

2月からお申し込みを受付けする
源整院★スターメンバーの備品が
いろいろと届いています。

スターメンバーの割引は3月1日からです。
価格改定についてはホームページから
ご確認お願い致します。


源整院ホームページへ


スターメンバーの会員証の裏に
署名していただく用のマーカーです。

1ダースの箱買いをしたので
販売店も箱に開封厳禁の
封印シールを貼ってくれていました。

でもね、これ逆サイドを見ると、、

封印シール2.JPG

こっちには封印シール貼ってないんです。

もう、このシールの効力ないでしょう!

もちろん、キチンと本数は入っていました。
でも、カタチだけの仕事をしているのだな
そんな雰囲気を感じるのは否めません。

最近こんなことを感じる機会が多いです。
他人事ではないかもしれません。
厄払いも行ってきたところですし
気を引き締めていこうと思います。


厄払いは、行ってきて本当に良かったと思いました。
次の機会にご紹介できたらと思います。

nice!(48)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

八幡御神矢

わたくし本厄だそうです。

自分の事なのに「だそうです」
そのくらい無頓着でした。

そんな私ですが厄払いへ行こうと思っています。

「本厄になったから」
そういう時だけ節操なく行くのは、、
とも思ったのですが、
これを機に信仰を持つ
まではいきませんが、
日本の文化について
改めてみようと思いました。

類は友を呼ぶ
と言いましょうか

タイミングよく
患者さんが教えてくれるものですね。

IMG_7800.JPG
患者さんに写真を頂きました。

京都の石清水八幡宮とのことです。

この破魔矢?
八幡御神矢と言うそうです。

行きたい。行って観たい!

でも、こちら厄払いシーズンの今だけだそうです。

あぁ、今年は難しそうだから
来年の後厄で行けたらいいなぁ!


京都は中学3年生と高校3年生の時に
2度も修学旅行で訪れた思い出の場所

あぁ傷心旅行も京都だったっけ。。。

何かと私を惹きつける京都

どんどん、どんどんどんどん、行きたくなってきたぁ~!!

でも、今年はおとなしく北海道神宮で厄払いです。


IMG_7802.JPG
一番の目的は八幡御神矢と簡易神棚だったりします。
欲しい!!


源整院メインブログ・元気になるブログ更新しました。
『内臓元気に動いてる?』
お暇な時にお付き合い頂けると幸いです。

nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
「源整院ブログ」もう一つあります

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。