So-net無料ブログ作成
「源整院ブログ」もう一つあります

踵の固さが免疫力を下げる?

踵の固さが免疫力を下げる?


インフルエンザが流行する季節になりました。
予防接種はお済でしょうか?
ワクチンの作用は私たちの免疫力があってこそです。
私が独自に免疫力のひとつの指標となるのが踵の固さ。

足2.jpg

踵の固さと言っても角質やひび割れではありません。
足には片方だけで28個の骨で構成されています。
両足を合わせると56個で体全体の骨が約208個と
いわれていますので、足だけでその約1/4を占めます。
それだけ重要かつ多様性がある器官である事が分かります。

足つぼやリフレクソロジーでも足から
多くの影響がある事は知られています。
簡単な体の連携を考えてみても
踵から頸椎.jpg
この様に筋肉は頭の先まで繋がっています。
この中心ラインは中枢神経と言われる脳や脊髄があります。

私たちは二足歩行の為、足で特に踵から地面と接地する事を考えると
その衝撃が中心ラインを伝い中枢神経に誤作動を生じさせる事もあります。
これによって肩こり・腰痛だけでなく内臓・免疫機能にも影響しています。

ワクチン接種の有無にかかわらず免疫力を高い状態を維持する事が大切です。
寒さが厳しい季節になってきました。受験や忘年会を無事に乗り越えるために
足の固さを解消させて、高免疫状態を維持してみてはいかがでしょうか。


肩こり・腰痛・頭痛・背中の痛み、各種体調不良など
源整院ホームページで詳しくご紹介しています。
よろしければご覧ください。

源整院ホームページへリンク


12月のお休みについて
水曜・祝日の定休日以外に12月10日(日)は整体教室につきお休みさせて頂きます。
また年末年始は12月30日から1月3日までお休みさせて頂きます。

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

肩の異変は鎖骨がキーパーソン

肩の異変は鎖骨がキーパーソン


肩の運動の代名詞のマエケン体操

鎖骨1.jpg

見た目から肩甲骨の動きに注目されていますが、
肩甲骨が動くためには実は鎖骨がキーパーソン。

鎖骨と言ってもイマイチ分からない方も
いらっしゃると思いますので、女性なら
ピンと来るはずの言い方にしますと
「デコルテ」の横たわる様にある骨です。
ちなみに腕は遠方から体に向かっていくと
指・手首・肘・肩(肩甲骨)・鎖骨・胸骨で体幹にくっつきます。

鎖骨2.jpg

肩甲骨は背中に浮いているような状態で、
骨と連結を持っているのは鎖骨だけなのです。
肩甲骨が動かないような微細な腕の動きでも
鎖骨は動いきますし、指の動きでも動きます。

鎖骨を骨折した時に腕を三角巾で吊るして
腕を動かさない様にしていたのは
腕を動かすと鎖骨が動いてしまうからだったのです。

この大きくも微細にも動く鎖骨の動きが止まってしまうと
肩こりはもちろん、四・五十肩、頭痛、首が回り難い、
浅い呼吸、リンパの流れにも影響があります。


当てはまる点がありましたら鎖骨の調整をおすすめします。

源整院ホームページでは肩こり・腰痛・頭痛・四・五十肩など詳しくご紹介しています。
お悩みの症状がありましたら是非ご覧ください。



12月10日(日)は整体教室につきお休みさせて頂きます。
整体教室につきましても源整院ホームページでご確認ください。

12月23日(土)は祝日の為、お休みです。


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

足のしびれは座り方?

足のしびれはディズニーパレード待ちのせい?


初めて足のしびれを施術したのはディズニーランドです。

現在は札幌在住ですが、当時は東京のカイロプラクティックの学校へ通っていました。
その頃は毎月ディズニーランドとディズニーシーへ交互に行くほどでした。

毎月行っているのでアトラクションよりもパレード重視で
パレードルートに何時間も前から待ちわびるタイプでした。

私と同じように隣に親子連れがパレード待ち。
あの時は60分位待ってパレードが30分弱の
合わせて90分の間地べたに座っていました。

パレードが終わりさぁ次のアトラクションはガジェットのゴーコースターだぁ!
と思って立ち上がろうとしたら、お隣のお母さんが悶えている様子。
どうやら長時間地べたに座っていたせいで足が痛みとしびれで悶えているとの事。

実はその頃カイロプラクティックの学校で施術法を習ったばかりだったのです。
梨状筋1.jpg
坐骨神経に梨状筋が長時間座っていた事で
刺激を与えてしまい激痛を引き起こす場合があります。。


激痛で悶えているお母さんに説明して簡単な施術をすると
スクッと立ち上がりサァっといなくなってしまった。
痛みが無くなって良かった。そして私もガジェットのゴーコースターへダッシュ!

このお母さんは軽度の状態でしたが、
足のしびれをお持ちの方はこの梨状筋が
刺激を与え続けているかもしれません。
取りきれないしびれをお持ちなら梨状筋の
施術を試してみてはいかがでしょうか。


腰痛・ギックリ腰・坐骨神経痛など源整院ホームページで詳しくご紹介しています。
源整院ホームページへリンク

12月10日(日)は整体教室につきお休みさせて頂きます。
整体教室の詳細についてもホームページでご確認ください。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

手首が肩を凝らせる?

手首が肩を凝らせる?


手の骨の中でも手首には8つの骨が複雑に配置されています。
この8つの骨を総称して手根骨と呼びます。

手首1.jpg

手首は体の中でも細かく滑らかに動かすことができる部位。
それが故にひとつでもずれてしまうとガクガクした動きや痛みに繋がります。

手首4.jpg

また筋肉についても連携して肩周辺までの広範囲に影響を及ぼします。

パソコンでのタイピングや長時間の軽作業、転倒して手をついたなど
手首に与えた負担が肩こりや首・肘・頭痛にまで影響があります。
人によっては内臓の不調を訴える方もいます。
こういった悩みをお持ちでしたら手首の調整をすると良いでしょう。

肩こり・腰痛・頭痛など源整院ホームページでも詳しくご紹介しています。

源整院ホームページへリンク

12月10日(日)は、整体教室開催の為、施術は終日お休みさせて頂きます。
整体教室についてもホームページでご確認ください。




nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

つり合いが崩れると内臓の動きが固くなる?

甲冑.jpg

つり合いが崩れると無理に身体を支えようとするため、弱い部分から固くなります。
それが蓄積されて解放されない状態が続き、体調不良として実感しているのが肩こりや腰痛など。
実は私たちの身体にはつり合いを取る仕組みが驚くほどたくさんあります。

それは「筋肉に動け」という様に指示を送る必要はなく、自動的に働きます。
皆さんも聞き覚えがあると思いますが、それが自律神経です。

自律神経は、すべての内臓や全身の血管、分泌腺(ホルモンや消化液、汗など)をコントロールしてくれています。
私たちの意識から離れた神経で、起きていても寝ていてもいつでも体内の環境を整えてくれる神経です。
自動で動き私達の意思からは自律していているから「自律神経」なんて分かりやすネーミング。
よって自律神経はほぼ無自覚な神経です。という事は、つり合いが崩れていても直ぐに気づくことは難しい。

ですから、ヨガ、ピラティス、瞑想や太極拳などでつり合いが崩れていないか
自己認識力を高めるのは非常に効果的だと思います。

ある意味では筋肉や骨は内臓や神経を守る鎧です。
つり合いが崩れると無理に身体を支えようとするため、弱い部分から固くなります。
これは脅威が現れた時に鎧や盾を持ち装甲を厚くする反射の様なものです。守るために働く防御反射。
右肩が弱い部分なので更に装甲を厚くした。その結果、つり合いが崩れて固まってしまう。
守るためにやっていることなので止められません。
固まった場所は循環機能も低下してしまい、そこにはもちろん痛みが生じます。
周辺の筋肉も老廃物質やカルシウムが洗い流されることなく留まります。
そうなると更に血管や筋肉は固さを増していきます。
こういった状態の方が源整院には多くいらっしゃいます。

守るために着込んだ厚手の鎧が自らの動きを鈍らせて
その鎧を脱ぐことすら困難になってしまう。
更に守るはずの鎧が内臓の動きにも制限がつき
老廃物質の排出も困難になり
寝ても覚めても疲れが取れない。
この様に鎧を着たまま寝ているのを想像すると分かりやすいと思います。

元々の鎧を着る事が守るために始めた事なので止められません。
北風と太陽の様ですが、無理矢理脱がせたり叩いて割ろうとしても
更に頑丈な鎧を着こんでいく事になりかねません。

老廃物質を排出する臓器は、自律神経がコントロールしています。
この神経は自律しているので、自身でコントロールするのは困難です。

重い鎧を脱ぐ為に老廃物質の処理が必要で
内臓の動きを元気にさせる事が重要です。
その後にオーダーメイドで軽量タイプの鎧を装備する。

これが肩こりになりずらい人・肩こりになっても早く治る人です。

そんな内臓の活性化と脊柱・骨盤調整なら源整院にお任せください。

源整院ホームページへリンク



札幌整体 源整院 肩こり・腰痛・ギックリ腰・頭痛・膝の痛み・背中の痛み・便秘・体調不良
札幌市西区二十四軒4条5丁目1-28 プラチナコートW24 2階
[電話]011-631-1231 予約不要(来院順に施術させて頂きます。)



nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
「源整院ブログ」もう一つあります