So-net無料ブログ作成
「源整院ブログ」もう一つあります

言語

今は整体師をしている私ですが、
大学は3流の工業大学を出ています。

3年生になると研究室に配属され
教授に言い渡された作業に没頭する事になります。

ちょうど私の学生時代の頃が
どんどん電子化の波が押し寄せてきて
工業実験をするよりもPC作業がメインになり
意味も分からずCやC++、visual basicなどの
コンピュータ言語を言われるがままに入力して
卒論を提出したのを思い出します。

その頃、研究室の仲間と飲みに行くと
覚えたてのコンピュータ言語を
自慢するように披露していました。
とは言ってもちょっとかじった稚拙な知識で
今の時代ならちょっと勉強した小学生でも
あの頃の私なんかの上を行っちゃう様な話です。

飲み仲間と幼稚なコンピュータ言語をしゃべっていても、
ちょっと違う言語だと何を言っているのやらチンプンカンプン
それでも楽しく飲んでいたんですから面白いですね。
実の無い話でも盛り上がるのは若気の至りという事で(笑)


今朝の出勤途中コンビニエンスストアで
言語の違いの面白い現象を目の当たりにしました。

お客様A:アメリカンスピリッツのライト・メンソール2つ

店員B :あっ、番号でお願いします。

お客様A:いつもココに来てないから分からない

店員B :私もタバコは詳しくないもので番号でお願いします。

両者引かずのがっぷり四つ状態で、沈黙、、まだ沈黙、、、それでも沈黙

たまたま目に付いたので「45番じゃないですか?」と私

買い物が済み、問題なく私の順番になりました。


お互いに正しい言語をしゃべっていました。
けれども、それぞれが違う世界に住んでいるのに
気がつかなかったので困ってしまったのでしょうね。

正しさとは正義であり、もちろん間違っていません。
正否のどちらであっても対象がいてこそ成立します。
そこを忘れてしまっては、同じ言語や方法を使っていても
システムは上手く稼働してくれません。

独りよがりの言葉は大概にして正しいからタチが悪い


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 11

コメント 0

トラックバック 0

「源整院ブログ」もう一つあります