So-net無料ブログ作成
「源整院ブログ」もう一つあります
前の5件 | -

札幌では希少だそうです。

皆様は『ルーシーダットン』をご存知でしょうか?
正直言うと、私は一度も耳にしたことがなかったです。
先日、インストラクターの方とお話する機会があり
心身への見解にも学ぶことも多く、意気投合でした。
是非、皆様にもご紹介したいと思います。

以下、私の認識力不足の為、インストラクターの方の受け売りです。(;^ω^)

ルーシーダットンは、仙人体操・タイヨガとも呼ばれ、
その歴史は2500年以上も時をさかのぼり、仙人が修行で凝り固まった身体を癒し、
歪んだ身体を元に戻すために編み出されたタイの伝統医学の一つです。

体操中には丹田呼吸法を用いて丹田を刺激させながら行います。
身体にはたくさんのセン(エネルギーセン)があり、
それを刺激させて身体を変化させていきます。
免疫力向上や自律神経を整える自己整体とも言われています。

難しいポーズも少なく、楽に自己整体が出来るようになります。

自分の体の状態に気付き、自らを癒し、深い呼吸を習得することにより
自信も生まれ、精神の安定・コントロールも得られ自分に向き合う事が出来ます。
心と体のバランスを整え、自分を知り、人生を豊かに導いていく
ルーシーダットンは皆様にそんなお手伝いをしてくれます。



只今、源整院でルーシーダットンのセミナー開催
目指して日程や内容等をまっしぐらに調整中です。

ルーシーダットンが気になられたなら
源整院にいらっしゃった時にお伝え頂ければ
ご紹介致しますので、是非お声掛けください。


nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

振替休日は通常営業です。

今回のブログは業務報告です。

源整院ブログを楽しみにしていた方、申し訳ありません。
(数少ないとは思いますが・・・)

2月11日(日)の建国記念日はお休みです。
翌12日(月)振替休日は通常営業です。
ご来院の際は、お気を付けください。


源整院では振替休日を祝日としてカウントせずに
通常営業となっております。
12日(月)は安心してご来院ください。


皆様の笑顔と楽しい生活のお手伝いをすべく
源整院は効果的な施術を求めて
種類・方法の垣根を越えて
融合していきます。

『ルーシーダットン』をご存知でしょうか?

私もお初に耳にしたので、
只今教えて頂いている途中です、が
なんと!ルーシーダットンのインストラクターを
お招きしてのコラボイベントを考案中です!!
ワクワクするイベントにご期待ください!!

nice!(62)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

自然な背中の歪み?

人間の身体には、常に一定に健康状態を保とうとする働きが備わっています。
これを「自然力」と言いますが、人間も自然の一部であることから備わった能力です。
身体に不調があるという事は、この「自然力」がスムーズに働いていない証拠。
これは、特定の症状に限らず健康状態を損なっている原因は
「自然力」の低下によるものなのです。
当院では、この「自然力」を大きく低下させる「体の歪み」に着目し、
内臓や背骨の動きの機能回復を計るお手伝いをしている整体院です。
                            ~源整院ホームページから~


小学生の時に私だけが流行っていた遊びがあります。
それは一度使った針金を如何にキレイに伸ばせるか

はりがね.jpg

これがなかなか上手くいかないのです。
あっちに曲げたらこっちに曲がってしまう。
2~3時間ずっとやって、ダメで翌日も、、、

ファミコンよりもハマった時がありました。

今は曲がった針金ではなく
歪んだ背骨を調整しています。(笑)
もちろんファミコンよりもハマっています。


今回は整体の業界では基本中の基本というくらい
注目している背骨・脊柱のお話です。

一度使った針金も曲がっていましたが
私たちの背骨・脊柱も絶妙に曲がっています。

脊柱1-2.jpg

しかしこれは針金とは違って機能的な曲がりで
生理的湾曲と呼ばれています。むしろ必要な歪み。

実はこの歪みは、生まれてから順を追って形成されます。

生理的2.JPG

最初はCカーブだったのが

生理的3.JPG

ハイハイするようになり

生理的4.JPG

立ち上がるまでに変化

生理的5.JPG

生理的湾曲が安定して
その中にある脊髄を
稼働しながら守るという
奇跡の機能を果たしてくれます。

これは人間だけでなく

さかな.jpg

魚も同様です。

それだけなく何万年・何億年前の

生理的6.jpg

恐竜だって私たちと似ています。

私たちのからだの中には古代からの
自然が沁みついている様に感じます。

生理的1.jpg

それぞれ個性的な体をしていますが、
真っ直ぐな方がより不自然に見えるかと思います。
俗に言うストレートネックが一例ですね。
自然な状態を基準にすると
真っ直ぐな方が逆に歪んでいる。
ちょっとしたトンチみたいですね。

自然な状態が、より能力を発揮できると考えています。
しかしながら、自然はそれぞれに個性的です。
姿勢が綺麗でなければならないのではなく
自然な状態「自然力」が働ける状態が好ましい。

源整院では健康状態を保とうとする「自然力」
注目し、それがスムーズに働く状態を目指しています。
特定の症状に限らず、健康状態を損なっている原因は
『自然力』の低下によるものなのです。
当院では、この「自然力」を大きく低下させる「体の歪み」に着目し、
内臓や背骨の動きの機能回復を計るお手伝いをしている整体院です。

源整院ホームページはコチラ↓をご覧ください。
ホームページへリンク

nice!(80)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

病み上がりはお腹が固い?

建国記念日はお休みです。
2月11日(日)建国記念日はお休みです。
翌12日(月)振替休日は通常営業です。
ご来院の際は、お気を付けください。


お正月にインフルエンザや風邪で
寝正月を過ごすしかなかった。
子供が冬休み中に風邪で寝込んで
自分も感染してヒドイ目にあった。

もう一月も下旬ですから
あれも良い思い出となって、、、
いないという方から
そんなお話をよく耳にします。

あの時からイマイチ調子が悪い
そう感じている方は肋骨が
固まったままなのかもしれません。

肋内.jpg

咳き込みで肋骨周りや腹筋が
酷使されていたり、
ウィルスとの戦いで
内臓は疲労困憊です。

咳で酷使され疲労した筋肉と
老廃物質(ウィルス)の排出に
疲れてしまった内臓で
体幹・お腹周りが固くなる。
人によっては手のひらよりも
お腹の方が冷たく感じる事もあります。
※通常であれば末端である手よりも温かいです。

インフルエンザ・風邪は治ったけれど
体は病んでいた時のままで止まっていると、
あの時からイマイチ調子がよくない、と感じます。
そんな時は内臓を冷やさない、白湯を飲む。
それでもダメなら
源整院で内臓を活性化させましょう!

病み上がりにギックリ腰になってしまう。
疲れが取れない。目覚めが悪い。などなど
そんな話も実はよくある話で、
理由は一緒で、内臓の活性化が必要です。

まだまだ寒い日は続きます。
風邪やウィルスと戦って
固まったお腹(内臓)を
温めて、労わってあげましょう。


源整院の営業日・受付時間のご確認は
ホームページからお願い致します。
源整院ホームページへリンク




nice!(90)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

靴の石ころ

源整院の混雑状況臨時休業
ツィッターでタイムリーに更新しています。
ご来院の際は、是非ご利用ください。
源整院ツィッターへリンク


2月の営業日について
2月11日(日)建国記念日はお休みです。
翌12日(月)の振替休日は通常営業です。
(受付時間:10:00~19:30)
ご来院の際は、お気を付けください。



チクチクするなと思ったら
靴の中に石が入っている。
北海道で生活をしていて
これが案外多いです。

滑り止め.jpg

雪道の転倒防止に砂が撒いてあり
それがブーツを履いているのに
結構な確率で石が入っています。

歩いている時に気になってキニナッテしょうがない。
さぞかし大きい石が入っているんだろうなぁって
靴を覗いてみたらコレっぽちの石ころが、、私を苦しめてた?
もしかしたら1ミリにも満たないお前さんが
わたしにムズムズ、チクチクしてくれていたのか?!

足には片足で28個あります。

足2.jpg

この骨たちが絶妙に組み上がって
私たちの体重を支えています。

アーチ橋.jpg

まるで石造アーチ橋の様です。

ここに小石がひとつ多く挟まったり
ひとつでも石がズレたとしたら
結果は容易に想像できるかと思います。

幸い私たちの体には骨(石)の他にも
筋肉と靭帯などがあるので
すぐさま崩壊する事はありません。

しかし、その代償として足より上が
負担を請け負うことになります。

それは膝・腰・首・肩・頭・内臓、
それぞれ個性的に問題が生じます。

源整院へいらっしゃった皆様に
いつも説明している例えなのですが
足(股関節から足先まで)はサスペンションです。

サスペンションが悪い車に
長時間乗っていたら
肩は凝るし腰にも負担が
かかってくるでしょうし
車酔いで頭クラクラにも。

足回りの調整をするだけで
その上に乗っかっている
問題はあっという間に
改善する事はよくあります。

1ミリにも満たない小石が
あんなに大きく感じている私たち
足のズレが1ミリもあったら大変。

源整院では1ミリ以下の繊細なタッチで
皆様のお体を調整していきます。

靴に石が入った時
サスペンションが
上手くいってるか
思い出してみてください。



nice!(79)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -
「源整院ブログ」もう一つあります